一眼といえばレンズ交換

レンズの種類はいっぱいあるらしい・・・
でも全部同じように見えて何がなんだか・・・

せっかくレンズ交換できるんだから、色々なレンズを知って使いこなそう!

というわけで今日はレンズの種類についてのお話です。


レンズは大きく3つに分類されます
1.標準レンズ
2.広角レンズ
3.望遠レンズ

の3つです。


「標準レンズ」
焦点距離50mm
人間の目で見るのと同じ領域を写すことができるレンズ。
一般的に標準レンズはレンズキットという形で本体とセットになって売ってますね。


こいつがNEXの標準ズーム。
NEX-7では黒色、NEX-6ではパワーズームが出ましたので、それ以前の機種の基本装備ですね。

SONY 標準ズームレンズ E 18-55mm F3.5-5.6 OSS SEL1855


「広角レンズ」
焦点距離~50mm
標準に比べて撮影範囲が広がる。ので、風景を撮るのに適しています。
また狭い部屋で集合写真を撮りたいときにはかなり重宝しますね。
それから、近いものを大きく、遠くのものを小さく、強調的に写すことができます。

この薄いのがいわゆるパンケーキと呼ばれる所以。
こいつにフィッシュアイやらウルトラワイドやらのコンバージョンレンズを付けて遊べます。
周辺の解像が甘いとの声もありますが、僕みたいな素人にとっては十分使えます。なにせ小さい。広角が楽しい。

SONY 薄型広角レンズ E 16mm F2.8 SEL16F28


「望遠レンズ」
焦点距離50mm~
天体望遠鏡や双眼鏡で遠くを見る感じが望遠です。
背景がうまいことボケてくれるのでポートレートの撮影に適していると言われてます。
運動会とかでも活躍しますね。

これがsony純正NEX用望遠レンズです。でっかいです。
ちょっと細身の黒いレンズも出てます。下のがそれです。
タムロンから同じスペックのレンズが出てます。もうひとつ下のがそれです。買いました。
正直こいつははちゃめちゃに重宝します。
写りのことはよくわからないけど、18~200mmって守備範囲広すぎてこいつ一本であらゆる写真が撮れちゃいます。

SONY 高倍率ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS SEL18200

ソニー E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE※ソニーEマウント用レンズ SEL18200LE

TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 Di3 VC ブラック ソニー NEX用 B011SE ブラック


更に、ズームレンズと、単焦点レンズに分けられます。

「ズームレンズ」
○~○mmと書いてるものはズームレンズです。
レンズについているリングを回すと焦点距離がかわる便利なレンズです。
F値は大きめで暗いレンズですが、交換なしで色々な表現ができるので便利ですね。

「単焦点レンズ」
○mmと1つしか書いていないレンズ。焦点距離が変えられない、F値の小さい明るいレンズです。
シャッター速度が速く、ブレのない綺麗な写真が撮りやすい。


だいたいこのような分け方ができます。

レンズの特性を知れば、撮影対象に適したレンズを選べます。

そうすると、一番いい写真を撮ることができるということです!

それぞれのレンズの特徴(ただしNEXに限る)について、もっと詳しく別の記事でご紹介していきますよ!