今日は、ミラーレスについて、また市場についてざっくりと書こうと思います。
楽しい内容ではないですけど、ちょっとミラーレスを見直すいい機会かも?

初心者の人はちゃらっと読んでみてくださいな。



■ミラーレス一眼の概要

”軽量・小型のレンズ交換式デジタルカメラ”ってのがいわゆるミラーレス一眼です。

レンズ交換が楽しめるという点は従来のデジタル一眼レフカメラと同じだけど、見た目はどちらかというとコンパクトデジタルカメラに近いですね。

タッチパネル操作に対応する機種も多くなってきてたり、交換レンズが付いててすぐに撮影できる「レンズキット」という形での販売も多いです。

価格帯は、デジタル一眼レフの最廉価モデル、コンパクトデジカメの最高級モデルと同程度で、発売から少したった製品ならかなりお手頃になります。

家電屋へ行けばカメラコーナーが賑わっています。参入メーカーが増えたからですね。

一眼レフの老舗ニコン、キヤノンも参入し、初期の3強体制が崩れています。

キヤノンは遅かったけど、初のミラーレス一眼”EOS-M”を出しました。

キャノン【台数限定】EOS M ダブルレンズキット ホワイト★【eos-m-wkit-W】

Canon デジタル一眼カメラ EOS M(ブラック) ダブルレンズキット EOSMBK-WLK

そもそもミラーレス一眼というのは、従来のデジタル一眼レフカメラにあったレフレックスミラーがないという特徴があります。
メーカーによっては、「レンズ交換式アドバンストカメラ」「マイクロ一眼カメラ」「小型一眼カメラ」など、独自の呼称で新ジャンルのカメラとしてアピールしているけれども、このサイトではひっくるめて”ミラーレス一眼”と呼ばせてもらいます。



■歴史

ミラーレス一眼を初めて世に送り出したのは、パナソニックとオリンパスでしたか。

Panasonic デジタル一眼カメラ LUMIX GX1 電動ズームレンズキット エスプリブラック DMC-GX1X-K

《新品》OLYMPUS(オリンパス) PEN Lite E-PL3ダブルズームキット ホワイト[ デジタルカメラ ]【ボディジャケットプレゼント!】【在庫限り】


その後、ソニーが参入し、しばらく3社の寡占市場でした。

ソニー デジタル一眼カメラ α NEX-5Rズームレンズキット ブラック NEX-5RL/B


そのあと、ペンタックス(現ペンタックスリコー)、ニコン、富士フイルムが参入して、満を持して(?)キヤノンが、新開発のレンズマウントを採用した”EOS-M”をひっさげて参入しましたね。

PENTAX デジタル一眼 Q レンズキット ブラック PENTAXQLKBK

Nikon1 J1 ニコン ミラーレス一眼レフ ダブルズームキット ホワイト

FUJIFILM デジタル一眼レフカメラ X-E1 ブラック レンズキット ミラーレス 1630万画素 APS-Cサイズ Xマウント X-E1/XF18-55 SET B

基本的に、メーカーによって採用するマウント(※)が異なっていて、例えば、パナソニック、オリンパスは「マイクロフォーサーズ」、ソニーは「ソニーE」、ニコンは「Nikon 1」、キヤノンは「キヤノンEF-M」ですね。
各マウントの専用レンズに加えて、別売のマウントアダプタを使えば、一眼レフ用の交換レンズを使えるものもあります。

※マウントっちゅーのは、ざっくり言うとレンズとカメラ本体をがちゃっと取り付けるところの形であったり大きさ、つまり規格のことですね。



■イメージセンサ

メーカー・機種によって、撮像素子(イメージセンサ)のサイズが異なっていて、ソニーの「NEX-7」「NEX-F3」やキヤノンの「EOS M」などは、ミラーレス一眼では多数派を占めるフォーサーズ(17×13mm)より大きいAPS-C(23.5×15.6mm)を採用しています。

APS-Cは、35mmフルサイズに比べるとサイズは小さいけれども、デジタル一眼レフと同等の高画質な写真を撮影できるんです。

ソニーのミラーレス一眼は以前からAPS-Cのイメージセンサを採用していて、キヤノンの参入でAPS-C陣営に注目が集まりそう。
いやー僕はここでソニーを選んだようなものです。当時キャノンは出してなかったですけどね。

ソニー デジタル一眼カメラ α NEX-6ズームレンズキット NEX-6L/B


ちょっと前にセンサーの記事を書いてました



■市場シェア

量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、2012年1月から9月までに、ミラーレスタイプのレンズ交換式デジタルカメラを発売したメーカーは8社。
メーカー別販売台数シェアは、オリンパス(30.9%)、パナソニック(27.7%)、ソニー(18.8%)、ニコン(15.7%)の順で、上位3社がシェア20%台後半~30%台後半で競っていた以前の“3強状態”は崩れつつあるようです。

2012年10月は、22日までの途中集計で、オリンパス(28.6%)、ソニー(23.5%)、パナソニック(17.3%)、ニコン(12.8%)に続き、「EOS M」のダブルレンズキットを9月29日に、ボディ単体・レンズキットを10月12日に発売したキヤノンがシェア9.2%で5位に食い込んできてます。

ちょっと古いデータだけど、ここはざっくり掴むということでお許しを。

2012年10月販売台数シェアトップ10
順位 メーカ シリーズ 有効画素 素子サイズ タッチ シェア(販売台数%)
1 オリンパス PEN Lite E-PL3 1,230 フォーサーズ × 10.6
2 ソニー NEX-5N 1,610 APS-C 10.3
3 キヤノン EOS M 1,800 APS-C 9.2
4 オリンパス PEN mini E-PM1 1,230 フォーサーズ × 9.1
5 パナソニック LUMIX DMC-GF5 1,210 フォーサーズ 8.9
6 ニコン Nikon 1 J1 1,010 1インチ × 8.3
7 ペンタックスリコー Q 1,240 1/2.3インチ × 5.9
8 ソニー NEX-F3 1,610 APS-C × 5.4
9 ソニー NEX-C3 1,620 APS-C × 5.3
10 オリンパス PEN Lite E-PL5 1,605 フォーサーズ 3.5

 


デジタル一眼レフユーザーのサブ機として、コンパクトデジカメからのステップアップとして、動画も撮影できるデジカメとして、さまざまなユーザーのニーズに応えるために、各社とも工夫を凝らしているし、新しい機種が出るたびにわくわくします。

ほしくなって脳内破産してますけどね・・・

特に、コンデジに満足できず、本格的な撮影にチャレンジしたいと思いながら、また従来のデジタル一眼レフだと「大きすぎる、重すぎる」と手を出しかねていた「女性」をターゲットにしたカメラが増えるんでしょうね。

あとおしゃれだからファッション性も高いですね。

そういう点で、オリンパスがシェアトップになっているんですかね。
色んなカラーを出してるしかわいらしいデザインですしね。



■結局何が言いたいの?

分析なんてどうでもいいんですよ。
何が言いたいかって、カメラに興味を持ってみてほしいんです。僕は。

とりあえず、家電量販店に行ったときにカメラを触ってみてください。
で、使い方は結構難しく見えるからなんでも店員さんに聞いてみてください。
店員さんはカメラのことを話したくて仕方のない人ばっかりですから恥ずかしがらずにね。

小ささや軽さを実感できると思います。

それからネットとかでミラーレス一眼で撮った写真を見てみる。
なんと綺麗な写真が撮れるんだ!と感動することでしょう。

次は価格コムかどこかでだいたいの値段を調べるでしょ。
楽天とかアマゾンで実際にクチコミとか見てみるでしょ。


意外と手に届く値段なんですよね。

気付けば買っちゃうと。

長くなりましたが、みなさんにちょっとでもカメラのことを知ってもらえたらと思って書きました。
僕もまだ初心者なので、いろいろ学んだことを発信していきたいと思います。

では明日もよいカメラライフを!