勉強中の私の言うことです。信じてはいけません。
ただ、これからやってみようと思う方のヒントになれば幸いです。
星景写真
こんな写真が撮りたくて撮りたくて勉強中



■天体写真って

星空を撮る=暗い
なので、長時間露光で撮ります。

シャッターを開けている間に、星の淡い光をセンサーに当て続けることで明るい星に写るわけですね。

またカメラを固定すれば、肉眼では点にしか見えない星が、写真では点が線として現れるんですね。
あれ、撮ってみたいですよね。

逆に線じゃなくて点として撮りたいこともあります。
星の動きに合わせてカメラを動かすことになるんですね。

いったいどうやって撮るのか?
今日はそんな話です。

【送料無料】GITZO ジッツオ シリーズ2 GT2830 バサルトファイバー三脚 【smtb-tk】【YDKG-tk】


なにやら楽天で1位の三脚。高いなそれにしても。



■天体写真は2種類ある

1.固定撮影(星景写真)
2.ガイド撮影(星野写真)

1.星景写真
同心円状の光跡としてうつる。
地上の風景を含めていい画を撮るのが主流。
露出が長くなるとノイズが出てくるため、短時間露出にして画像を合成する方法が一般的になっている。
※画像を合成するには「比較明合成」を用いる。

2.星野写真
自転の影響を軽減する赤道儀をつかう。
む、難しい。詳しくは下記ページなどご覧あれ
参考ページ1
参考ページ2

今日は星景写真に絞ったお話です。

ベルボン EX-440 カメラ三脚 【即納】 【あす楽対応】 【マラソン201302_あす楽】


あらかわいらしい三脚。



■必要なもの

<機材>
・カメラ、レンズ、(フード)
・三脚
・リモートスイッチ(リモートタイマースイッチ)
・(フィルター:ソフト)
<設定>
・撮影モード→マニュアル
・シャッタースピード→バルブ(30secでいいならそれで)
・絞り→開放か一段絞りくらい
・ISO感度→100~(星を線にしたいなら100か200で長時間露光もよし、感度上げて短時間露光もよし)
・フォーカス→マニュアル(無限遠から星の点が小さくなるようちょいちょいっと)

おためし三脚 KING fotopro(キング フォトプロ)DIGI-3400 ブラック / ホワイト【4段コンパクトアルミ三脚 】(運動会 登山 軽量 ビデオ カメラ キャンプ アウトドア 卒業式 入学式)


えらい人気の三脚だなあ。気になる。



■僕がこれからやってみようと思う撮影

カメラは「NEX-6」
レンズは「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS(迷い中)」
感度100か200で1時間くらいシャッター開放してみたいと思っています。
なんて言ってたけど、そんな露光したらノイズできれいに写らない。
というわけで、比較明合成をするためにタイマーリモコンを探し中です。
調べたところNEX用の純正はなく、やっと見つけたものは品切れ(?)、さらに探して見つけたものを買ってみました。
ただ使えるかどうかもわからんので、届いて使ってからレビューしたいと思います。

んま、上で書いたのは星を線で写すために右往左往してるわけで、ノイズが出ない程度の露出で撮ることは可能ですからね。
バルブ撮影するときに、ずっとシャッター押し続けれるわけがないので買ったリモコンがこちら

SONY α用 リモコン NEX-5N NEX-5 NEX-7 α33 α55 α230 α330 α380 α550 α700 α900 他 対応 RMT-DSLR1互換品


なーんかあやしいけど、安いし使えるからいいですよね。
あ、NEX-C3は使えないですよ。

SONY デジタル一眼カメラ α NEX-C3 ダブルレンズキット ホワイト NEX-C3D/W

ソニー デジタル一眼カメラ「NEX-F3」レンズキット(ピンク)SONY NEX-F3 NEX-F3K-P


NEX-C3安くなったもんだなあ。買うならNEX-F3ですかね。NEX-N3が出るという噂もありますが。

リモコンすら持ってないときに撮ったしょぼい写真が直島の記事にちらっと(あんまり見ないでください)
直島と豊島旅行記へ

星空のことは全然詳しくないけど、冬がいいとも聞くし、そろそろ本格的にやらなきゃなと思っています。
ただーし!寒いんですよね!
しかーも!近所で撮影に適した暗い場所なんてないんですよね!

んま、でも近々旅行いくので、そのときに星空チャレンジするためにも練習してみまっす。

いい写真撮れたら載せたいと思います。なかなかアップされなかったら撮れなかったということで。

それでは今冬もよいカメラライフを。